社会調査法Ⅱ(編集中)

社会調査法Ⅱ(編集中)

Ⅰ.授業の概要

 社会調査法Ⅱでは、社会調査を実施してレポート作成ができるようになるまでの具体的方法を学びます。インタビューをして卒業論文を書くとき、どのような人、何人くらいにインタビューすればよいでしょう。社会人になって市場調査をするときに、どのような調査設問を用意すればよいでしょう。
 この授業では、主として聞き取り調査(インタビュー)と調査票調査(アンケート)をとりあげ、その具体的実施方法を講義演習形式で学んでいきます。

Ⅰ.社会調査法Ⅱの主な内容

(ウ) 調査票の作り方
(エ) データ集計の方法
(オ) サンプリング

Ⅱ.主な演習・課題内容

(ウ) 調査票調査の分析を記述する
(エ) e-learningの小テストに答える
(オ)  ・・・など

Ⅲ.成績評価の方法

課題評価70%、試験30%

参考 2015年度 AA11% A13% B38% C11% D18% 失格 8%
   2016年度 AA21% A21% B15% C21% D 7% 失格 7%
   2017年度 AA16% A31% B24% C15% D 7% 失格 7%

Ⅳ.テキスト

白谷秀一・朴相権『新版 実践 はじめての社会調査』自治体研究社, 2009年

Ⅴ.履修に当たっての注意事項

  • n 遅刻・欠席をしない 。終了時に申し出た場合「遅刻」とする。遅刻は1/2欠席。
  • n 課題を提出すること 欠席する場合、「課題」が課せられてないか十分に確認をしておくこと。
  • n スマホ、携帯電話などを一部使います。契約により通話料など少しかかる。
  • n 私語、居眠りなどしている場合、イエローカード。2枚で退出
  • n 課題不十分、小テスト不十分の学生に、「今年度の単位取得をあきらめたほうがよい」という勧告を出す場合がある。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注