白村江の戦い 年表

白村江の戦い 年表

 


白村江の戦い 年表

 

【半島情勢】

 

660  7  唐・攻め、王百済余隆ほか

8 月~ 各所で旧百済人貴族らによる反乱がおこる。

同年 9 月、翌年 2 月に唐軍が駐留する泗沘城を囲む鬼室福信が指揮をとる)など活動が活発化。

9  百済が倭に使10 到着済復興軍

 

661  4  鬼室使わし、余う。百済などによ退

8  復興返し甕山城を占拠後一進一退の攻防る。

このころ、内部争いにより僧道琛が殺害され、鬼室福信が復興軍内で主導権を握る。

 

661  11  (日室福信捕虜 100 人を献上。

 

662  5  余豊位。

12  百済城へと拠す。

 

663  2  新羅 4 州を城が危なため百戻る。

6  余豊

8  13  周留城へを謀る。

百済、倭からの派兵の情報を聞き、白村江にて歓迎の宴を計画する。

17  を包囲。

唐軍、戦船 170 艘を率い、白村江に陣取る。

9  7  落。百済決定。

11  軍、牟弖立、13 に弖礼へる。

25  、弖礼城出立。へ。

 

 

 

【国内情勢】

 

660  12  斉明こたえ百るこを決定。

軍備を整え、船を作るなど、派兵の準備を行う。

 

661  1  斉明め都を出かう。伊予媛県松山後温作り(斉の孫出産。

3  斉明現在の福到着。磐瀬仮留。

5  斉明(現と遷居。

7  斉明死去以後大兄天皇称制によ

8  天智棄て、磐)へ。

阿倍比羅夫らからなる 1 万 7 千人余の兵を豊璋に随行させ、百済へと派兵。


 

661 年 10  天智天皇、難波の宮へ帰還。以そこで半島派兵を指

 

662  1  天智事物資をる。

 

 

663  3  天智らに 2  7 与え半島

6  上毛新羅 2 城を攻す。

8  この 3 次遠征軍(1 か。

 

 

 

白村江の戦い

663  8  27  白村

28 交戦

 

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注