画蛇添足(がだてんそく)

画蛇添足(がだてんそく)

画蛇添足(がだてんそく)

出典 :『戦国(せんごく)(さく)(せい)(さく)

 

(むかし)()という(くに)では、(はる)(まつ)りが(おこな)われ、大王(だいおう)官人(かんじん)たちにお(さけ)(たまわ)りましたが、その(りょう)全員分(ぜんいんぶん)(いた)っていませんでした。

さて、どうしよう 官人(かんじん)たちは議論(ぎろん)(はじ)めました。その結果(けっか)、みんな地面(じめん)(へび)()()いて、さきに()完成(かんせい)させた人からお(さけ)頂戴(ちょうだい)することに合意(ごうい)しました。

さっそくその(なか)一人(ひとり)(へび)()完成(かんせい)させ、お(さけ)()()れました。もう一人(ひとり)(にん)は、自慢(じまん)げに「(ぼく)(へび)(あし)()くことができるぞ」と言って描いた(へび)(あし)(くわ)(はじ)めました。それを()(となり)(にん)は、「(へび)(あし)がないのに(まえ)馬鹿(ばか)か」と言って、その人の分を飲んでしまいました。

結局(けっきょく)、蛇に足を(くわ)えようとする人は、絵が未完成(みかんせい)になってしまったため、お酒を(いただ)くことが出来(でき)ませんでした。

その()余計(よけい)真似(まね)をし、物事(ものごと)駄目(だめ)にしてしまうようなことを「画蛇添(がへびてん)(あし)」というふうに()うようになりました。()出度(でた)()出度(でた)し(←これ、画蛇添足じゃん

 

 

l 教訓(きょうくん)

無用(むよう)不必要(ふひつよう)なものをつけ()すこと。余計(よけい)なもの。また、無用(むよう)なものをつけ()してしくじること。(へび)()()いて、(へび)にはない(あし)をたし()()から。

 

l 読み方:

がだてんそく or がじゃてんそく

(りゃく)して「蛇足(だそく)」ともいう。

(へび)」は「じゃ」とも読む。

(へび)()えがきて(あし)(てん)そう」と訓読(くんどく)する。

 

l 類義語(るいぎご)

為蛇画足(いだがそく)

為蛇添足(いだてんそく)

妄画蛇足(もうがだそく)

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注