日本留学で学んだこと–大正大学 協定留学–平成23年度

日本留学で学んだこと–大正大学 協定留学–平成23年度

平成23年度

大正大学 協定留学

日本留学で学んだこと

易 丹 韻 北京大学
赵 曦 北京大学
戴 琳 娜 上海大学
呉 自 雲 河南大学
陳 妍 河南大学
韓 旭 河南大学
趙 紅 旭 河南大学
斉 璐 璐 河南大学
郭 惠 珍 東西大学校

原文をそのまま印刷しました。
大正大学学務支援課国際担当


一年間の短期留学生活

北京大学 易 丹 韻

一年の短期留学生活もうもうすぐ終わります。その一年の間に、様々な人々に出会って、いろいろな面白を
体験しました。今はこのレポートを書きながら、たくさんの経験を思い出して本当に愉快になりました。

異文化と生活の体験
日本と中国は一衣帯水の隣国ですから、文化も生活上の慣習もよく似ています。中国人の私は、日本に着い
てから、すぐに日本の生活に慣れました。しかし、国によって、文化は違う点を持っています。さらに、その
差別はまさに文化の特異を反映できるものです。ではその特異な点を指摘します:

A.冷たい食べものが好きな日本人
夏になると、スーパーで冷やし中華や冷たいお菓子や甘酒などの猛暑の対策するものが人々に大人気になり
ます。町にたくさんある販売機がビールや飲み物を冷やしています。冬も冷たい飲み物がいっぱいあって、飲
食店がいつも冷たい水やお茶を出しています。我が国の人々、冷たいのより、温かい食べ物のほうが好きで
す。特に冬になると、冷たい水を飲んでいる人はほとんどいません。なぜか日本人がそんなに冷たい食べ物を
好みます。その飲食上の習慣は冷たいお弁当がよく食べられるのにかかわるかもしれません。

B.迷惑をかけないと人身事故
「日本人は丁寧ですね!」そういう鮮やかな日本人のイメージが私の心に深い印象を残しています。他人の
気持ちを気にかけて、他人に迷惑をかけないように自分が必ず社交のマナーを守ります。
東京では電車が一番重要な交通手段です。毎朝混んでいる電車が埼京線や山手線などを走っています。電車
のおかげで通学している人や通勤している人が時間とおりに出席することができます。しかし、私が電車を乗
るときに人身事故が起こったというお知らせをよく見かけます。人身事故にあったら、電車の運転を見合わせ
らなければならないのです。本当に大変な迷惑なのです。人身事故での犠牲者の中に、ほとんどは自殺する人
です。自分を殺したという行為の為に電車の運転が中止し、何万人も遅刻しなければならないという可能性が
あります。なぜ他人に迷惑をかけたがらない日本人はそんなに迷惑をかける自殺方法を選択しますか?たぶん
それが社会のプレッシャに苦しむ人生の最後の勝手に行動する機会でしょう。

学習の体験
大正大学では私が面白かった仏教学部の授業を受けました。
特に桜庭先生の仏教美術に関する授業。その授業は桜庭先生が私たちに仏像の作り方を教えていただきまし
た。そういう技法は天平時代から伝わってきた脱干漆ということです。
塩入先生の天台信仰の文化財を受けてから、日本の天台宗や密宗の歴史を深く理解しました。
日本語の授業も意義を持っています。大野先生が中国の文化や言葉にとても興味を持って、先生の授業を受
けてから、中国も日本も文化の特異性がよく分かる。
漆先生は心が優しくて、いろいろな生粋の日本語を教えていただきました。小島先生と横道先生の授業を受
けてから、日本語の能力が向上したいます。
本当にありがとうございます!


日本に留学して

上海大学 戴 リンナ

振り返ってみれば、空港からみんな力を合わせて荷物を家まで搬送してきた情景は、まるで昨日が起きたこ
とだ。この短いような長いような一年間は、今までの人生で一番有意義の時期だと思われる。以下は各方面の
成果報告。

一、生活面
高校から寮生活をしていたけど、親の目から離れる生活に憧れる。好きなように好きなことができるから。
実際、離れたからこそ、二回目物心がついた気がした。常識問題を聞いたり、悩み相談をしたりしただけでな
く、祝日や誕生日のお祝いも忘れない。これらのことは本当に離れないと気付かないことだ。
また、一緒にきた友達と二人で同じ部屋で暮らすことも様々なことを教えてくれた。丌愉快なことがあった
けど、二人で落ち着いて話し合うことが大切だ。ライフスタイルが違うけど、お互いにすこし我慢すれば乗り
越える。何とかならない場合、二人で相談し、先生にも助けていただいた。

二、学習面
授業担当の先生には感心した。さずが何年間も留学生の授業をしていた先生だから、留学生が知りたいこ
と、よく間違えたこと、何でも知っている。授業は授業だけではなく、異文化交流の雰囲気も漂っていた。一
つの文化については、先生は各国の学生に聞き、比べてまとめる。今も「いま勉強しないと未来の旦那さんが
変わるわ」という韓国の勉強標語が思い出せる。
また、大野先生の授業のおかげで、卒論のテーマが決めたのも喜ぶことだ。コンビニの話がおもしろいと考
えるため、コンビニ関連のことを書くことにした。内容は違うけど、やはり先生の授業があってはじめて、卒
論ができるような気がした。それからの半年間、区立図書館へ本の貸し出しをしたり、資料をスキャナで導入
したりして、国内のクラスメートにうらやましいほどの日本語文献を集められた。
一方、鎌倉、江戸東京卙物館、歌舞伎教室の三つの文化研修の開設も役に立つとこだ。歴史や文化を習得し
ながら、みんなが仲良くなってきた。

三、生活体験面
①日本語先生のボランティア
「みんなの日本語塾」で日本語先生をやったことがある。資格外活動許可がまだ許さない12月までは、先輩
が教えた日本語教室で日本語を教えた。学生は中国人やインド人、タイの小学生もいた。みんなちゃんとした
仕事があるけど、日本語を身につくためにここに来たんだ。もともと違う道を歩んでいる人々は同じ夢で、同
じ教室に座るということは実に丌思議なことだ。ボランティアだから、時給はすくない。けれども、世界各国
の人と話せることで英語のレベルが上がり、他国の文化にも興味を持ち、ありえない体験だと思う。

②アルバイト探し
日本語学科の学生としては、日本語は唯一の長所かもしれない。それにしても、日本語はよく話せない。経
験が一切ない、ビザが来年までという現状は一番大きな問題だ。電話で断れたこともあり、面接後何も知らせ
てくれなかったこともある。日本人に聞かなければ、「採用しなければなぜ電話するの」との文化は知らな
かった。一言でいえば、アルバイトを探すのは、想像より難しいことで、しかもつらいことだ。

③蕎麦屋のアルバイト
2月から3月までは友達が帰国した時期で、ちょうど私の冬休みだった。アルバイト探しの絶望に落ち込んだ
私は「あなたの代わりに二が月やる」と希望した。そして、正式的とはいえないけどアルバイトは意外と簡単
に始まった。満客の日に深夜までやり続け、酒臭いが溢れる終電で、棒になった足に支えて帰る、このような
生活は今思えば、つらいけど甘みが満ちている。30日に給料をもらったとき、自分の存在感が一番強いとき
だった。たまに叱られたのだけど、「間違えないと叱らない」と店長の立場から考えると、謝って頑張る。日
本人が何につけても、「お客様は一番、こだわらなきゃ絶対だめ」とのやり方からも、私は「他人への思いや
り」を学んだ。

④旅行
日本へ来る前に、行きたいところをリストに書いたんだ。旅行も文化を知るための方式と思うからだ。祝日
や連休の何週間も前から、観光情報の調べからホテルの予約まで、全部自分でやったのだ。都市から離れ、自
然に触れ合い、この目で見ることやこのこころで感じることを書き、みんなで分かち合うことは、本当にすば
らしい体験だ。栃木県日光、静岡県伊豆、富士山、神奈川県鎌倉、千葉県TDL&TDS、東京都東京タワー、三鷹
美術館、浅草初詣等々から――今まで足跡が構成された。

まとめ
今はこの充実した一年間は終わりそうだ。惜しいんだけど、しかたない。一番言いたいことは「留学にきて
良かった」。簡単すぎそうだけど、複雑な気持ちを含んでいる。機械があれば、銀杏の下に並んでいるベンチ
に座り、読書をしてみる。


日本で見つけた「心」

河南大学 呉 自 雲

日本へ来てもうすぐ一年になる。日本へ来たばかりの時のことはまるで昨日のようだ。高い物価、孤独感、
ホームシック、日本語の勉強、アルバイトの探しなどいろいろ大変だった。だが、今から見れば、いい経験に
なると思う。

日本語の授業は思ったよりつまらなかった。授業だけでは日本語は上達できない。日本語をマスターしよう
と思って、アルバイトを探し始めた。電話は何十本かけて、面接も何回受けたが、ダメだった。あきらめよう
と思ったとき、見つかって、それから、毎日日本人と多尐話せるようになった。そして、生活の面も自立する
ことができた。親からの仕送りがなくても生活ができるようになった。店長はすごくいい人で、毎日楽しく過
ごした。震災のとき帰国することになって、店長と別れた時店長も泣いた。それはびっくりした。今度別れる
ときは大泣きに決まっている。悫しい限りだ。

日本へきてすごく感心したことがいくつかがある。日本人は礼儀正しいと言われている。確かにそうだ。電
車の中では本を読んだり、音楽を聴いたりしいる人が良く見える。いつも静かでいい。電車は遅れることはほ
とんどない。中国だと、5時間も遅れることは珍しくない。そして、日本は安全で、夜一人で外出しても心配
することはない。日本はどこでもきれいで、ごみの分類は複雑だけど、環境にはいいと思う。それは中国人が
学ぶべきところだ。

日本人に対しては複雑な感情を持っている。遊びに行ったとき、道に迷って、すごく困っていた。ある日本
人に聞いたら、家まで送ってくれた。すごく感動した。

震災の後、帰国ことにした。節電のため、駅のエレベータが一部動かないままになっている。荷物が重くて
大変だった。でも、だれも助けてくれなかった。その時は日本人は冷たいなと思った。日本人は恥ずかしや
で、断られるのが嫌だと店長は言っているが、人とつながるのが嫌だと私は思う。中国人だと、すぐ友達でき
るが、日本人とはなかなか友達できない。それはいわゆる島国根性だと思う。

暇のときは家でゆっくりして、韓国の友達を家まで招待して、一緒に各国の料理を作ったりして、話したり
して、日本語も練習したし、違う国の文化を知ることもできた。

休みの日は友達と遊びに行ったりして、今まで東京都内はだいぶ回っていた。大晦日は浅草へ行って、年守
りをして、初詣して、日本の文化を体験した。

留学生のみんなさんと一緒に東京タワーへ行って、そこで初めて日本の夜景を見た。素晴らしかった。

三重県の友達と一緒にディズ二ーランドへ行って、楽しかった。次の日は地震にあって、怖いけど、友達と
一緒だから、そんなに怖いとは感じられなかった。
建国記念日。その日は大雪だった。だが、明治神宮ではお神輿を担いでいる日本人の情熱は感じられる。そ
のあと、日本人と一緒に食事して、二次会も行った。日本人の友達がどんどんできた。

見学旅行で鎌倉へ行ったときも楽しかった。先生のイメージは普段とは違って、すごく親切だった。ずっと
そのままいたいね。

富士山へ行って、日本の「心」を見た。

ユリちゃんとの関西旅行も印象に残っている。奈良の鹿、京都の清水寺、大阪のお好み焼き、神戸の南京町
など。初めて浴衣を着て、着方も初めて知った。真の日本の朝ごはんを食べることもあった。

いろんな所で取った写真を見ると、ここ一年のことがどんどん思い出した。すごく懐かしい。もっともっと
日本にいたいな。

ここ一年はつらいことはいっぱいあるけど、楽しいこともたくさんあった。いい勉強になった。ありがと
う、日本。ありがとう、先生。ありがとう、店長。ありがとう、みなさん。


留学生活から感じたこと

河南大学 陳 妍

その留学の機会を得てありがたいと最初からそう思っていた。違うのは最初はただの気持ちであったが、い
まは、この一年の経験から学ぶすべてのことが大切な財である。

勉強のほうでは、日本語の授業の内容は大体文法、文章など、国の大学とはほぼ同じであるけれども。尐人
数で皆授業で口頭表現の機会を多くもらった。それに、誮でも自由に先生と話できてよかったと思う。先生も
テキストだけではなく、さまざまなことを教えてくれた。学部の授業は難しいだが、参加していい勉強になっ
た。

授業以外、サクルーの活動も体験した。大正大学の学生と先生が、浴衣体験とパーティーを主催して、留学
皆参加し、楽しかったり、仲よくなったり、日本文化のいい体験になった。

図書館で、宿題をしたり、本を読んだり、時間を充実に過ごしていた。皆図書館が素敵だと思っている。国
にはないさまざまな本を読んで、貴重な知識を得た。

今度の春学期に、三回の日本文化研修コースで、鎌倉に行って、古都の美しさを楽しめた。江戸卙物館に
行って、江戸時代のことを勉強した。第三回目歌舞伎を見に行って、大変感心した。行かせてくれて、ありが
たいだ。

社会活動のほうでは、アルバイトからも成長した。この一年、独立して、自分で自分の一切を管理し、失敗
もあるが、大切な知恵になった。

大正大学にいる一年は四年の大学生活の中で、一番素晴らしい一年である。


日本で学んだこと

河南大学 韓 旭

去年の九月から大正大学に来て、そろそろ一年がたちました。今、この一年を振り返ってみると、すべてが
いい思い出です。

大正大学で、日本語の授業はもちろん、日本の学生と一緒に学部の授業も挑戦してみました。日本文学の授
業だけではなく、違う専門の授業も参加してみました。ぞれぞれ違う分野の先生の講義を聞いたり、ほかの分
野の知識を吸収したり、日本の学生たちと一緒に勉強したり、中国の大学とぜんぜん違う雰囲気を実感しまし
た。私にとって、非常に貴重な経験です。

去年の12月、ニトリでアルバイトを始まりました。レジメンバーの中で、外国人が私だけです。最初はと
ても丌安でしたが、お店の教育の担当の人がいろいろ親切に教えてもらいましたし、同じレジメンバーの人々
も仕事をやりながら、私の質問を答えたり、私を励んだりしていました。二とりでの仕事がとても忙しいです
が、そういう人たちがいるおかげで、私ががんばってやってきました。日本の職場のチームワークの重要さや
雰囲気が深く印象を残りました。ほとんど何ヶ月だけですが、私が勉強したのが、レジの仕事で必要の知識だ
けではなく、違う人とどうやって交流することや、ほかの人と協力しやることや、将来中国に帰っても、職場
に役に立てられることもたくさん学びました。

今年の3月、東日本大震災が起こりました。日本の東北地方がひどく被害を受けました。東京にも強く揺れ
ました。その時、私が一人で家にいまして、ぜんぜん反忚ができなくて、怖くてたまりませんでした。地震が
起きたまもなく、学校の先生たちが安否の確認のメールを送ってくれて、すごしは安心しました。メールを見
て、異国で自分が一人ではないということを改めて強く実感しました。その後、地震の影響で一時帰国しまし
たが、毎日、テレビやインターネットを通して、日本の状況を見てきて、日本人がこのような大災難を前にし
てあれ表れた鎮定さに感心しました。また、帰国中でも、学校の先生からメールをもらって、日本の状況を詳
しく説明してくれました。そのおかげで、私は勇気を出して日本に戻ることにしました。日本に戻るのはちょ
うど桜満開の季節でした。今年はいわしがほとんど取り消しされていましたから、ちょっとさびしかったんで
すが、いつものようにきれいに咲いている桜を見て、なんだか癒されたような気がしました。今なら、あのと
きより、冷静で対忚できると思い、自分が尐し強くなりましたなと感じました。

一年が本当に速いもので、もうすぐ大正大学の留学生活が終わりの幕を下ろしました。今、印象に残る美し
い画面がたくさんあります。九月の日本の青空、大正大学の金色の銀杏、ピンクのゆらりと降ってくる桜の花
びら、鎌倉の青いのアジサイ、国立劇場の輝いた花道、先生たちの優しさ、みんなの笑顔、すべてが私にとっ
て宝物です。


日本で成長背する自分を見つける

河南大学 趙 紅旭

ふと思い返せば、日本に来てもう一年ばかりでした。この一年に、いろんなことを経験して、いろんな人と
出会って来ました。一年前の私、まだ日本語をろくに話せない大学三年生でした。日本に来ることなんて夢に
も思っていなかったし、自分の生活している町以外の世界も想像がつかないものでした。もちろん、一年後の
自分はパソコンを抱えて、留学の学習成果を書こうとは思わなかったでしょう。丌思議な一年でした。

学習成果といっても、留学は私にとって、ただテキストの勉強だけではありませんでした。もっといろんな
方面で私を変えたのです。

第一に、日本語の環境で日本語を前よりずっと話せるようになりました。言葉というのは使うもので、交流
するための道具のはずだと思います。しかし、中国に勉強していた時、日本語を話せる機会が尐なかったの
で、日本語は話すより、読んだり、書いたりすることが多くて、なかなか口に出せなかったのでした。それは
条件制限のため、仕方がないことですが。日本に来て、毎日生の日本語を聞き流す間、尐しずつ話せるように
なりました。前にぜんぜん触れたことのない生活用品や、地名なども覚えてきました。自分も前より尐しずつ
恥ずかしがりやではなくなり、日本語でのコミュニケーションもより上手になりました。

第二に、日本の生活を前よりずっと分かるようになりました。池袋、新宿、渋谷、上野、このような名前は
留学する前の私にとって、ただの地名でしたが、東京に来てから、行く事によって、音も色もあるところとな
りました。電車のことも、日本の飲食の事も、いろいろわかるようになりました。それに、中国で日本語の本
が尐ないから、好きな小説を読むことも難しいが、日本に来たら、学校の図書館や区立図書館も利用できるの
で、自由に日本の書籍を読むことができました。これは何よりも嬉しいことです。

第三に、バイトが私を成長させてくれました。今まではどれほどのバイトをしてきたのでしょう。ただ一年
なのに、電話や面接、いいバイトも悪いバイトもいろいろ経験しました。中国では大学生ができるバイトが尐
なくて、家庭教師ぐらいでした。ずっと自力で生活してみたかったので、日本に来てからできるだけ早くバイ
トを始めたい気持ちでした。泣いたり、だまされたりすることもあったのですが、今はもはや貴重な体験だと
考えています。生活というのは思った以上重いものだと実感しました。時々親に甘えた昔の自分に戻りたい
が、それは丌可能だとわかって、早く成長して、一人前の大人になりたいと願っています。

最後に、たくさんの人々と出会って、視野を広げました。中国にいた時、友達が尐なくないが、それはクラ
スメートや親戚にすぎません。日本に来て生活が一変したからだろうか、周りの人も結構変わりました。留学
生同士、バイトする仲間、偶然に出会った人々が私の生活に入ってきて、私をずっと支えてくれました。学校
の先生たちもいつも助けてくれて、心から温かく、またありがたく思います。

留学生活はもうすぐ終わりますが、この一年の事が大切な経験となって、今後の生活にも役立つのでしょ
う。日本について、まだ分からないことばかりですが、これからもがんばって日本の文化を理解して、日本語
をもっと勉強したいと思います。ここでは、再びお世話になった先生たちと日本で出会った人々にお礼を言い
たいと思います。本当にありがとうございました。皆さんのご清祥の程心よりお祈りします。


留学体験について

河南大学 斉璐璐

光陰矢のごとし。私は飛行機が日本に着陸した時のはらはらドキドキした気持ちを昨日の事のようにはっき
りと覚えています。桜井先生が成田空港に迎えに来て下さった風景が目の前に現れるという感じがするのに、
あっという間に一年間が終わるなんて、本当に丌思議だと思います。

幸運なことに、日本に留学する機会をもらいました。日本に来る前に、留学の一番重要な目的は日本語をよ
く身に付けて、ペラペラとしゃべれることだと思いましたが、今考えてみるとそうではないと思います。留学
していた期間に、一番意味のある収穫は、異文化で、いろいろ体験して、視野を広げて、自分を成長させるこ
とです。

日本にいる一年の間、先生や友達のおかげで、忘れられない思い出が数え切れないほど出来ました。例え
ば、盛大な入学式、楽しいクリスマスパーティー、心温まる先生とのランチ、深い印象を残す鎌倉見学旅行、
素晴らしい歌舞伎…日本に来たばかり時、初めて家族、親友と離れて、ちょっと丌安でしたが、先生と友達は
いつもそばにいてくれたので、孤独を感じたときはありませんでした。みんなはそれぞれの国から日本へやっ
てきて、文学が違っても、みんな日本語でコミュニケーションするのがほんとに丌思議なことだと思いまし
た。

この一年間、いろいろな観光地を訪れました。特に、東京の皇居、タワー、明治神宮、代々木公園、銀座、
渋谷など、何回も遊びに行きました。一番忘れられない旅行の記憶は、易さん、呉さんと一緒に行った浅草で
の初もうでです。何万人もの日本人と一緒に元旦を祝った体験は、私にとって、初めてのことでした。そし
て、一番誇りに思った旅行の記憶は、十一時間をかけて登り、易さんと一緒に、富士山の頂上に立ったことで
す。私にとって、これはチャレンジで、これから、どんな困難にあっても、あきらめないことが大切だとかん
じました。春休み中、京都、大阪、名古屋へ行きました。たくさんのところを観光した後、日本の文化も十分
楽しませていただきました。日本は長い歴史を待ち、現代化の国家と思います。日本旅行の経験は味わい深い
です。

大正大学は私たちの特殊性を考えて、短期留学生のために単独で多くの授業を受けさせてくれました。この
ような方法は確かに私たちの日本語の実力を向上させてくれました。大野先生、小島先生、横道先生、漆先
生、みんなは満面の笑顔で接してくれて、卙学で優しい先生です。先生たちのおかげで、私は多くの知識を身
に付けることができました。一方で、この一年間の勉強を通して、自分が日本について知識の足りないところ
を見つけました。これから、自信を持って、頑張りつづけます。

もう一つ収穫は、図書館でいろいろな日本書を読みました。授業以外の時間は、いつも図書館で本の海洋に
飛び込みました。こんな多くの本の中から、自分で好きな本を選べて、ほんとに嬉しかったです。

ある国の言葉と文化を勉強するには、自分でその国に行き経験せねばならぬとある学者はそう言っていまし
た。私もそう思います。この一年間、日本は優しい国だと身をもって体験しました。。バスは乗客がきちんと
座ってから動き出すこと、電車には冬になると座席にも暖房が入ること、トイレには、予備のトイレットペー
パーがいつも置いてあること、それに、赤ちゃん連れのお母さんのために、オムツ替えのシートもあること、
そういう細部に至るまで人のために考えているところがすごく優しいと思います。

日本と中国は一衣帯水の隣国です。両国の間、お互い依頼が深いが、いろいろ誤解が存在していると体感し
ました。私はずっと自分の努力を通して、周りの日本人の友達に中国の本当のところを教えれあげたいです。
日本のこと本当に大好きです、そして、両国はお互いにより深いコミュニケーションを行い、お互いの文化を
より深く理解することと期待しています。

一年間はあっという間に過ぎてしまったが、それは私にたくさんの財産、たくさんの美しい記憶を残してく
れました。これらは私のこれからの生活の中できっと役に立つと思います。いろいろな人と出会って、その中
の一部の人とは一期一会かもしれないですが、私はきっと彼らのことを私の宝物として、忘れずにずっと覚え
ていることでしょう。

「さようなら」と言わなければならない時になって、気持ちは言葉で表せないほど複雑です。この一年間、
本当に楽しかったです。これから、私は人生に自信をいっぱい持っていきます。また、学校にもう一度感謝し
たい、先生に感謝したいです。学校のおかげで、この留学経験は私の大学生活における最高の宝物になりまし
た。最後に、心から挨拶したい言葉があります、「どうぞお元気で、さようなら。」


私の留学生活

東西大学校 郭 惠 珍

最初日本に留学しようと思ったのは中学生の時、はじめて日本にきてからだった。そのときの3泊4日の間に私
が感じた日本は私を引く何かがあった。それに旅行に来る前にも尐しずつ自分で日本語を勉強したのもあって
日本語、日本の文化に興味が高まってもっと留学への思いが大きくなった。今振り替えてみればその頃から
ずっと頑張ったおかげで大学に入ってから留学のチャンスができたと思っている。

留学が決まってから嬉しいこともわずか、私の生活は大きく変わりはじめた。日本の大学に送るたくさんの書
類のしたく、日本で1年間生活するために必要なものたち、日本でこれから住むところの情報収集など頭がぐ
るぐる回るくらいの生活が日本での留学の準備で2年の春学期を忙しくすごした。

日本に来てはじめての1カ月はあっという間に早く過ぎた。外国人登録証とか携帯、通帱作り色々日本で'居
住'するには旅行とはまったく違って尐しは丌安なところもあったけどそのときには担当先生と以前の春学期
から来ている友達に助けてもらって日本の生活にもっと早くなれて今までも順調に進んでいる。

もちろん旅行にきて感じた日本と実際生活しながら感じる日本は全く違った。外国人として日本に'住む'こ
とは私に色々な印象を不えた。私が会った日本人、私が感じた文化の差は私が留学する前に立てた目標を達成
するのにもっともいいことになった。日本人と韓国人を比較してみるのも日本の文化を知るのにいい経験に
なったし、そのほかにも面白いと思ったのは色々な国から来た留学生と日本語で話すことだった。自分が勉強
した日本語で自分の考えを伝うことまた日本語で自分の国の言葉を教えるのも留学じゃないとなかなか経験で
きないことでその部分がとても面白い経験になった。それに韓流のおかげで韓国に興味を持った日本人が増え
て韓国語に興味がある友達に韓国語を教えるのも一つのいい経験になった。

今までの留学の生活をどう過ごしたのか考えてみると、単純に日本の大学の経験だけではなく、色々なことを
経験して内面の成長の支えになった。はじめての独り暮らし、韓国では何かあったらまずお母さんにまかせて
自分は気にしていなくても自然に解決していたけど日本では自分の力で解決しないと何も進まないこと。いち
いち一人の力で解決するのにうまくいかなかったり諦めたいぐらいになった時もあったけど、自分も知らない
うちによくなったのをみてこの生活は自分を成長させてくれると感じた。この日本での生活ができたからこれ
から韓国に帰ってはじまる生活もきっとうまくいけると思っている。

私が日本で会った人たち、私が通った道、そこで私が感じたことすべてを胸に抱いてわずか残った一ヶ月の留
学生活を進みたい。

发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注